宿題にも、もっと学ぶ楽しさを

小学校向け教材 ドリルプラネット
小学校向け 国語(漢字)・算数デジタル教材
©︎ Disney/Pixar ※画面は一部変更になる場合があります
こんな悩みを解消できる
デジタルドリルを
つくりました。

デジタルで、児童も先生も、宿題が楽しくなる

ドリルプラネットは、宿題の出題から集計までが簡単に行えるデジタルドリルです。
現場の先生方の意見を取り入れてつくったため、宿題業務を効率化できるだけでなく、児童が楽しみながら学びを深められる教材になっています。

デジタルで、児童も先生も、宿題が楽しくなる
特長特長

特長

01
自動採点で、宿題のチェック時間が短くなる!

児童が解いた宿題は自動で採点されるため、先生の丸付けは不要です。丸付けの時間を短縮できる分、各児童の理解度の確認や個別の対応に、より多くの時間を使うことが可能になります。

自動採点で、宿題の チェック時間が短くなる!

02
楽しく取り組めるから、児童のやる気を引き出せる!

児童用画面(※1)に登場するのは『トイ・ストーリー』の仲間たち。学習状況に応じてさまざまなキャラクターやスタンプが登場するため、児童のモチベーションが上がります。

※1 解答画面は含みません
楽しく取り組めるから、 児童のやる気を引き出せる!

03
児童の理解度に合わせたフォローで、苦手克服をサポート!

児童の誤答に合わせた形で、フォローや確認問題が提案されます。児童によって出される問題が変わるため、効果的に苦手にアプローチすることができます。

※対象教科:算数
特許 取得
児童の理解度に 合わせたフォローで、苦手克服ができる!

デジタルを生かした機能で
学びの質が上がる!

漢字の書き順がアニメーションで示されたり、筆算の過程を1マスずつ判定してくれる機能があったりと、デジタルを生かした学びによって理解が深まります。

デジタルを生かした機能で 学びの質が上がる!

宿題の提出状況を
簡単に把握できる!

クラス全体の提出/未提出の状況、個別の正答率が一目で分かります。また、データはリアルタイムで自動集計されます。

宿題の提出状況を簡単に 把握できる!

授業や朝学習にも活用できる!

授業中に紙の教材とあわせて使ったり、朝学習の課題にしたりと、さまざまなシーンで活用いただけます。

デジタルを生かした機能で 学びの質が上がる!
使い方使い方

使い方

宿題をつくる/出す先生
宿題をつくる/出す
  1. 「宿題作成」ボタンを押す
  2. 教科(国語か算数)を選ぶ
  3. 出題する単元と内容を選ぶ
  4. 「確定する」ボタンで出題完了!
宿題に取り組む児童
宿題に取り組む
  1. 宿題を選ぶ
  2. 問題を解く
  3. 自動採点結果が表示される
  4. 「ていしゅつする」ボタンで提出完了!
宿題を確認する先生
宿題を確認する
  1. 提出された宿題を確認する
  2. 「スタンプを押す」ボタンで全員に一括返信する
※個別にコメントを送ることもできます

たしかな教材で
子どもたちが
「学ぶ楽しさと出会う」
チャンスを広げたい

GIGAスクール構想の推進をはじめ、教育現場のデジタル化が急速に進んでいます。子どもたちにとって個別最適化された学びや創造性を育む学び、また多忙な先生たちの働き方改革への寄与が大きな目的です。ですが、変わり始めである現在は、何をどうデジタル化すればよいのか、先生方も探っている状態でしょう。

ただ、忘れてはならないのは「デジタルかアナログか」の二者択一ではないということです。例えば当社が販売する紙のドリルは、今も昔も変わらず多くの教育現場で活用されています。私たちの教材づくりのテーマは、一貫して子どもたちが「学ぶことが好きになる」こと。誰かにやらされるのではなく、自ら目的を見つけ必要な学びに取り組む。その実現に向けて、デジタルとアナログ双方の良さを組み合わせた、最適な学びの環境を提案していきます。

「ドリルプラネット」は、ずっと公教育に寄り添い、現場の声を聞き続けて開発を進めたデジタル教材です。さまざまな現場でご愛用いただくために負担の少ない価格設定にも努めました。広く提供することで、公教育での教育格差の解消にも貢献できるのではないかと考えています。

「ドリルプラネット」から始まる新たな教育のかたちに、ぜひご期待ください。

サービス概要サービス概要

サービス概要

概要
クラウド上で動作するデジタル教材「ドリルプラネット」の実証研究を実施
対象者
申込いただいた公立・国立・私立の小学校
対象学年
1〜6年
対象準拠
国語(漢字):光村図書、東京書籍、教育出版
算数:東京書籍、啓林館、標準版
使用期限
最⻑半年程度(2学期〜年度末まで)
提供方法
クラウドサービス
リリース時期
2022年9月1日(予定)、以降順次アップデート版をリリース予定
※2022年度は実証研究としての利用となります。
主な搭載機能
  • 宿題配信
  • 手書き解答、自動採点
  • 練習、たしかめ機能
  • 学習履歴
  • 自主学習
動作環境
【OS】Chrome OS、iPadOS 13、Windows10
【ブラウザ】Chrome 92以降、Safari、Edge 91以降
【画面解像度】1024×768以上
※ 快適にご利用いただくためには、安定したインターネット回線が必要です。
※サービスのご利用には、ご利用端末やネットワーク接続の環境など、さまざまな原因が影響するため、上記の環境で必ずしも動作を保証するものではありません。
導入フロー導入フロー

導入フロー

step1
学校

お申し込み

光文書院の教材を取り扱っている販売代理店または弊社窓口までお問い合わせください。
(個人向けの提供はございません)
step2
光文書院

ご納品

光文書院より、ご利用開始の手順と必要なコードが記載された案内をお送りします。
step3
学校

ご利用準備

先生と児童の情報をご登録後、児童用URLを児童に配布してください。
step4
学校

ご利用スタート

どこからでもURLにアクセスするだけでご利用いただけます。
※インターネット回線が必要です。

ご利用時に設定方法が
分からない場合は、ご案内します。
お気軽にご相談ください。

よくあるご質問よくあるご質問

よくあるご質問

2022年度の実証研究への参加にあたって費用は発生しません。2023年度以降の参考価格は、国語と算数のセット販売で、児童1名につき年間1,800円(税込)でご利用いただけます。料金には、先生用管理機能の利用分も含まれています。
(年間契約となり、途中解約はできません。国語/算数単体での販売は行っておりません)

誰でも操作しやすいように設計しているため、安心してご利用いただけます。また基本の使い方や活用法の情報も順次公開予定です。ご参考ください。

自宅での利用に限らず、授業に組み込んだり、朝学習や自主学習の課題の1つとしてもご利用いただけます。今後も多様な活用方法を提案していく予定です。

お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせ

デジタルドリル実証研究に
ついては以下よりお問い合わせください。
まずは相談
ドリルプラネットほか、教材に関する
最新情報をメールにて配信しています。
最新情報を受け取る

あわせて使える!おすすめ図書教材