平成30年度版教科書「小学道徳 ゆたかな心」

教科書監修者より

私たちは,子どもたちと教師がともによりよく生きたいと願い,真剣に考え,学び合うための一助となる教科書をつくりたいという思いで,一身に作成・編集にあたってきました。1人でも多くの子どもたちを,豊かな心の学びの世界へ誘いたい。それが本書に携わった者すべての願いです。私たちが教科書づくりに込めた思いや,具体的な特長をぜひご覧ください。

加藤宣行先生プロフィール

1960年,東京都生まれ。筑波大学附属小学校教諭,筑波大学・淑徳大学講師。
東京学芸大学卒業後,スタントマンやスポーツインストラクターを経て,神奈川県公立小学校教諭の後,現職。
日本道徳基礎教育学会事務局長,KTO道徳授業研究会代表。

加藤先生

主な特徴

教科書づくりでは,子どもたちが自ら問いをもてるような構成にすることを大事にしました。問いがもてると,自発的に疑問が生まれ,子どもたちの主体的・対話的で深い学びが促進されます。また,終末のあり方や,どのような生き方・実践にまで学びを発展させるかを視野に入れ,ストーリー性があり授業の流れが見えるような教科書づくりを心がけました。(加藤宣行)

1.考える活動をうながす紙面構成

  • 導入:問いをもつ

    教材を読む前に,児童にしっかりと問題意識をもたせることができます。

  • 展開:考える

    脚注部のふきだしで,多面的・多角的な考え方をうながします。

  • 終末:まとめる

    ふり返りのポイントにそって,学んだことをまとめ,道徳的価値の理解を深めます。

  • 発展:広げる

    学んだことを日常生活に広げ,考えを深めていくことで,実践意欲につなげます。

2.深く考える学びにつなげるオリエンテーション

各学年のはじめに,「主体的・対話的で深い学び」につなげるための,オリエンテーションページをご用意しています。
オリエンテーションページの活用により,子どもたちが主体的に学び,日常生活に生かすことができる授業を実現します。

3.現代的課題に向き合う

情報モラル,いじめなどの現代的課題に対する指導は,教材の他にコラムも掲載し,様々な角度から課題を考え,日常生活での行動へとつなげます。

4.学習効果を高める―デジタル教科書(学習者用)

デジタル教科書(学習者用)で,子どもたちの主体的な学びをさらに引き出します。
デジタル教科書は,教師用指導書購入で無償でご利用いただけます!

5.子どもの変容を見取る―評価の手立て

・授業の中で
①道徳ノート ②ワークシート(デジタル教科書収録)
授業を通して子どもの考え方にどのような変容が見られたかを見取り,評価します。

・授業の後で
③学びの足あと(巻末とじ込み)
毎時間の自己評価を記入することで,子どもたちに授業での気付きをふり返らせます。

・授業後から学期末まで
④ひまわり先生
授業ごとの評価を記録することで,学期末や学年末にふり返ることができます。
他の先生方が見た子どもの日常生活の様子を,校内ネットワークを通じ,共有することができます。

内容解説資料

教科書「小学道徳 ゆたかな心」の内容解説資料です。ダウンロードの上,ご覧ください。


内容 ダウンロードファイル

内容解説資料 全ページ

内容解説資料
(p.1-44)
個別ページダウンロードファイル

編修趣意書

教科書「小学道徳 ゆたかな心」の編修趣意書です。ダウンロードの上,ご覧ください。

加藤先生の授業実践

これからの道徳授業を,どう変えていけばよいのか,
筑波大学附属小学校教諭の加藤宣行先生に解説いただきました。

筑波大学附属小学校教諭 加藤宣行先生の授業実践です。
「深く考える道徳授業」のための発問や板書の工夫が満載です。

低学年の道徳授業 2年/感謝

低学年の道徳授業 2年/希望と勇気,努力と強い意志

中学年の道徳授業 4年/友情,信頼

家族愛の授業 3年/家族愛,家庭生活の充実

定番資料の再考 4年/規則の尊重

定番資料の再考 1年/規則の尊重

子どもの言葉を生かして授業をする 5年/相互理解,寛容

板書は最高の思考ツール 6年/個性の伸長

子どもの柔軟な発想に脱帽!1年/節度,節制

子どもの柔軟な発想で授業が変わる!
2年/伝統と文化の尊重,国や郷土を愛する態度

平成30年度版デジタル教科書「デジ徳」

デジタル教科書は,教師用指導書購入で無償でご利用いただけます!

豊富な機能

1.デジタル教科書(学習者用),デジタル指導書(朱書編)

iOS,WindowsのPC・タブレットに対応しています。
電子ブック形式で手軽に読むことができます。

2.道徳解説動画

加藤宣行先生が,先生方の疑問にお答えします。 「板書の工夫」「問いのもたせ方」
「評価の方法」など,道徳の授業を行う上での留意点を解説します。

3.板書アニメーション動画

授業の流れに沿った板書の方法や留意点が分かります。
(デジタル指導書の機能の1つです。)

4.さし絵・写真データ

教材のさし絵・写真をほぼ全点収録。紙面に未掲載のさし絵・写真も追加収録しています。

5.教材関連動画

登場人物のインタビューなどで,教材をより身近に感じることができます。

6.朗読

声優による朗読を,実際の教科書紙面や,さし絵を見せながら流すことができます。

7.合理的配慮(総ふりがな等)

インクルーシブ教育に対応し,子どもたちの特性に合った学習を保障。
・総ふりがな表示 ・白黒反転表示 ・画面拡大表示 ・音声読み上げなどの機能があります。

8.デジタル版「ワークシート」・「学びの足あと」

デジタル教科書上で書き込み,保存することができます。

平成30年度版教師指導書

研究編

1.具体的に示した指導のねらい

「道徳の時間」で目指す姿がわかりやすいようにしています。

2.ねらいの構造化がわかる三段階の板書例

深く考えるための板書例について,順を追って解説しています。

3.詳細な「評価につながる見取り」

「評価につながる見取り」を展開例に示すとともに,本時における評価,道徳教育としての授業後の評価についても記述しています。

朱書編

・児童用と同じ版型で,解説を適切に配置しています。

・デジタル教科書(指導者用)にも収録しています。

平成30年度版拡大教科書

拡大教科書を,平成30年度より発行予定です。
拡大教科書は通常の教科書の文字を大きくするのに伴い,
レイアウトを変更し,学習しやすいよう再構成したものです。

道徳の評価ひまわり先生でできる道徳の評価

Q&A どうなる? 道徳の評価

道徳の評価は,他の教科の評価と何が違うのですか?

まず,数値ではなく記述式であるという点が大きく違います。
内容も,到達度ではなく,児童の成長の様子や変容を見取り,よい点をほめたりはげましたりする個人内評価です。通知表・指導要録には記載されますが,調査書には記載されません。

児童のどのような点を見取って評価すればよいのですか?

授業の中で,友達や先生の意見を聞いて考えを深めたり,道徳的価値について自分事として考えたりしているか,といった点に注目して見取り,顕著な状況を記述します。学期や年間など,中長期的に児童の変容を見取ることも大切です。

どのような方法で児童を見取ればよいですか?

授業中の学習状況や,道徳性にかかわる成長の様子について,授業中の発言,児童が書いたノートやワークシート,感想文などを参考にして,見取ることができます。

具体的な評価の観点が分かりません。

光文書院の教師用指導書の「主題のねらい」には,「道徳的理解・ 判断力」 「道徳的心情」「道徳的実践意欲・態度」 が具体的に書かれています。そのねらいを評価の「観点」として,児童を見取っていくことができます。

学びの足あと・ワークシート

学びの足あと

毎時間の自己評価を記入することで,子どもたちに授業での気付きをふり返らせます。

ワークシート

授業を通して子どもの考え方の変容を見取り,評価につなげます。
デジタル教科書に,全教材分が収録されています。

ひまわり先生

ひまわり先生は週案作成から,テストの得点入力,通知表作成,
指導要録資料の作成まで一元管理できる,光文書院の教材に付属したソフトウェアです。

道徳 補助簿

観点に沿って,道徳授業の児童の学習状況を記録できます。

  • ・授業中の発言
  • ・ワークシートの記述
  • ・ノートの記述 など

◎こんな場面で使えます

  • ・児童の変化の見取りに
  • ・道徳授業の改善に

みまもりノート

「みまもりノート」に入力し,児童の様子を先生同士で共有・蓄積することができます。

◎こんな場面で使えます

  • ・サポートが必要な児童の支援にも
  • ・通知表所見の作成や,保護者との面談時の参考として

道徳 通知表

道徳 補助簿やみまもりノートを活用して,ひまわり先生で評価が可能です。

  • ・通知表も道徳の評価に対応。
  • ・レイアウト変更も簡単です。

特別の教科 道徳Q&A

これからの道徳に関する質問にお答えします。
詳しくはPDFをご覧ください。

Q. 学習指導要領は,どう変わりますか?
A. 「何を教えるか」から,「子どもたちがどう学ぶか」へ,重点がシフトされます。
Q. 道徳が教科化される背景や,これまでとの違いを教えてください。
A. 軽視されがちだったと指摘される従来の道徳の時間を,検定教科書の導入により着実に行われるように実質化するとともに,その質的転換を図ることを目的としています。
Q. 従来の内容項目と,新内容項目の違いや指導上の留意点を教えてください。
A. 新旧の学習指導要領内容項目対照表を作成しました。

道徳授業のポイント

道徳授業を行うにあたっての
ポイントを解説していただきました。

道徳授業の「落とし穴」

道徳授業を行うにあたって,陥りやすいポイント(落とし穴)を明らかにすることで、よりよい道徳授業の方向性を考えるヒントが見つかります。

情報モラル

情報モラルを道徳の時間でどのように扱えばよいのか,実践をもとに解説します。

人間関係づくりの
演習と道徳

よりよい人間関係づくりは,道徳授業だけでなく,授業づくり、学級づくりの基本になります。
実際にどのような実践ができるのか,実践をもとに解説していきます。

関連商品のご紹介

光文書院が発行する
道徳関連商品のご紹介です。

『実践から学ぶ 深く考える道徳授業』

子どもたちが自ら考え動き出す!
道徳のポイント 12の資料 24の実践

加藤宣行(編著)/竹井秀文(編著)

  • ・読めば読むほど,指導の引き出しがドンドン増える!
  • ・理論から実践まで,これ一冊で全てがわかる!
  • ・実際の授業を収録した「授業ポイントDVD」付き!

※インターネット・一般の書店からでもお求めいただけます。

実際の授業を撮影し,授業者自身が
ポイントを解説したDVD付き!
※動画はサンプルです。

ページトップへ