教育用語解説

外国語活動がいこくごかつどう

2008年(平成20年)3月に告示された「小学校学習指導要領」では,「外国語活動」が新設され,小学校5・6年でそれぞれ年間35単位時間実施されることになった。

外国語活動は,「外国語を通じて,言語や文化について体験的に理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り,外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら,コミュニケーション能力の素地を養う。」ことを目標としている。この目標を受けて,内容は以下のようになっている。

(1)外国語を用いて積極的にコミュニケーションを図ることができるようにすること。
・外国語を用いてコミュニケーションを図る楽しさを体験すること。
・積極的に外国語を聞いたり,話したりすること。
・言語を用いてコミュニケーションを図ることの大切さを知ること。

(2)日本と外国の言語や文化について,体験的に理解を深めることができるようにすること。
・外国語の音声やリズムなどに慣れ親しむとともに,日本語との違いを知り,言葉の面白さや豊かさに気付くこと。
・日本と外国との生活,習慣,行事などの違いを知り,多様なものの見方や考え方があることに気付くこと。
・異なる文化をもつ人々との交流等を体験し,文化等に対する理解を深めること。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ