教育用語解説

フリースクール/フリースペースふりーすくーる・ふりーすぺーす

子ども主体・子ども中心の教育を行い,教育内容を自由に創り出す学校のことをフリースクールと呼び,欧米を中心に数多くの存在が確認される。ここから転じて日本では,不登校の悩みを抱えた子どもが行くことのできる学校・施設・塾などをフリースクール(またはフリースペース)と称している。

フリースクールに関する定義はあいまいな部分もあるが,不登校児童の増加を背景に,子ども中心に作った居場所のことを指すことが一般的である。各フリースクールは,それぞれの立場や方針から,子どもたちへの支援を行っている。平成13年度の不登校児童生徒数は14万人近くに上り,その数は年々増えつづけており,不登校に悩む子たちのための,学校や家庭とは別の第三の居場所として,フリースクールのあり方は注目を浴びている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ