教育用語解説

オープン・スクールおーぷん・すくーる

オープン・スクールとは,子どもの能力や適性に応じて個別に教育計画を立て,開放された空間で自主的な学習を進める教育形態。あるいは,そうした教育を行う学校をいう。

文部科学省では,平成14年度から「新しいタイプの学校運営の在り方に関する実践研究」に着手し,全国で9校を実践研究校に指定した。指定を受けた学校では,学校の裁量権の拡大と地域学校協議会の設置,運営により,自主的な教育目標や教育計画の策定,児童・生徒,地域・保護者などを含む多様な学校評価を実施し,オープン・スクールの発想に立った特色ある教育課程の編成・実施を行っている。

なお,広い意味では学校が正規の授業内容とは別に,幅広く市民などに呼びかけて行う公開講座などをオープン・スクールと称することもある。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ