教育用語解説

PISA型「読解力」ぴざがたどっかいりょく

PISA(OECD生徒の学習到達度調査)では,「読解力(Reading Literacy)」を「自らの目標を達成し,自らの知識と可能性を発達させ,効果的に社会に参加するために書かれたテキストを理解し,利用し,熟考する能力」と定義している。従来,国語教育等で用いられてきた「読解」あるいは「読解力」とは意味が大きく異なることから,PISAで調査している「読解力」は“PISA型「読解力」”と呼ばれている。

PISAでは,義務教育終了段階にある生徒が,文章のような「連続型テキスト」及び図表のような「非連続型テキスト」を幅広く読み,これらを広く学校内外の様々な状況に関連付けて,組み立て,展開し,意味を理解することをどの程度行えるかを,可能な限り客観的にみることをねらいとして「読解力」の調査を行っている。

このため,PISAでは次の3つの観点を設定して「読解力」を調査している。
 (1)行為のプロセスとして,テキストの中の事実を切り取り,言語化・図式化する「情報の取り出し」

(2)書かれた情報から推論・比較して意味を理解する「テキストの解釈」

(3)書かれた情報を自らの知識や経験に位置づけて理解・評価(批判・仮定)する「熟考・評価」
また,出題形式では,自由記述が約4割を占めている。

これらから,PISA型「読解力」には以下のような特徴があることがわかる。
 (1)テキストに書かれた「情報の取り出し」だけではなく,「理解・評価」(解釈・熟考)することも含んでいること。

(2)テキストを単に「読む」だけではなく,テキストを利用したり,テキストに基づいて自分の意見を論じたりするなどの「活用」も含んでいること。

(3)テキストの「内容」だけではなく,構造・形式や表現法も,評価すべき対象となること。

(4)テキストには,文学的文章や説明的文章などの「連続型テキスト」だけではなく,図,グラフ,表などの「非連続型テキスト」を含んでいること。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ