教育用語解説

特別支援教育コーディネーターとくべつしえんきょういくこーでぃねーたー

2003(平成15)年3月28日の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」によって,特別支援教育コーディネーターの役割が提案され,導入が図られた。特別支援教育コーディネーターの立場と役割は各学校で異なっており,特別支援学校が成立した現在では,以下のように分けられる。

特別支援学校における特別支援教育コーディネーターは,自校の在学生に対する個別の教育支援計画の策定に関する企画や調整に中心的に携わる。また,特別支援学校が担う地域におけるセンター的機能の推進や調整を行う。

小・中学校の特別支援教育コーディネーターは,校内における特別支援教育の体制や整備を推進するために,保護者や学級担任の相談窓口になったり,事例の検討や研修会のために地域の関係機関との連携や調整を行ったりする役割が中心となる。連携協力の対象は,担任や特別支援教室の教師,学年の他,学級の教師といった学校関係者に加えて,保護者や登下校の付添担当者など保護者を支援する関係者,就学前や進学先の教育機関担当者,医療機関担当者等が考えられる。

なお,報告書では,特別支援教育コーディネーターの候補者として盲・聾・養護学校での指導や,特殊学級や通級指導教室の担当経験を有する特殊教育(特別支援教育)の経験者が挙げられている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ