教育用語解説

特別支援教育とくべつしえんきょういく

特別支援教育は,2007年(平成19年)4月から学校教育法に位置づけられ,「障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち,幼児児童生徒一人ひとりの教育的ニーズを把握し,その持てる力を高め,生活や学習上の困難を改善又は克服するため,適切な指導及び必要な支援を行うもの。」とされ,これまでの特殊教育の対象の障害だけでなく,知的な遅れのない発達障害も含めて,特別な支援を必要とする幼児児童生徒が在籍する全ての学校において実施されるものとされた。

そして,各学校においては,特別支援教育実施の責任者としての校長(園長を含む。以下同じ。)のもと,特別支援教育を実施するため,次のような体制の整備や取組を行う必要があるとされている。

(1)特別支援教育に関する校内委員会の設置

(2)実態把握

(3)特別支援教育コーディネーターの指名

(4)関係機関との連携を図った「個別の教育支援計画」の策定と活用

(5)「個別の指導計画」の作成

(6)教員の専門性の向上

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ