教育用語解説

中央教育審議会ちゅうおうきょういくしんぎかい

現在の中央教育審議会は,中央省庁改革の一環として,従来の中央教育審議会を母体とし,これまで文部省に置かれていたいくつかの審議会を整理・統合して,平成13年1月6日付けで,文部科学省に設置された。審議会の主な所掌事務としては,以下のものがある。

(1)文部科学大臣の諮問に応じて,(一)教育の振興及び生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に関する重要事項,(二)スポーツの振興に関する重要事項を調査審議し,文部科学大臣に意見を述べること。

(2)文部科学大臣の諮問に応じて生涯学習に係る機会の整備に関する重要事項を調査審議し,文部科学大臣又は関係行政機関の長に意見を述べること。

(3)法令の規定に基づき審議会の権限に属させられた事項を処理すること。

現在,中央教育審議会には,「教育制度分科会」「生涯学習分科会」「初等中等教育分科会」「大学分科会」「スポーツ・青少年分科会」の5つの分科会が設置され,それぞれの分野ごとの改革について審議が行われている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ