教育用語解説

知識基盤社会ちしききばんしゃかい

平成17年の中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」で示された言葉で,21世紀は,いわゆる「知識基盤社会(knowledge-based society)」の時代であると述べている。「知識基盤社会」とは,「新しい知識・情報・技術が政治・経済・文化をはじめ社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増す社会」であると定義している。

また,答申では「知識基盤社会」の特長として次のようなことを挙げている。

(1)知識には国境がなく,グローバル化が一層進む。

(2)知識は日進月歩であり,競争と技術革新が絶え間なく生まれる。

(3)知識の進展は旧来のパラダイムの転換を伴うことが多く,幅広い知識と柔軟な思考力に基づく判断が一層重要になる。

(4)性別や年齢を問わず参画することが促進される。

など。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ