教育用語解説

男女共同参画社会だんじょきょうどうさんかくしゃかい

男女が互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い,性別に関わりなく,その個性と能力を十分に発揮できる社会を男女共同参画社会という。日本では平成11年6月に男女共同参画社会基本法が制定され,それに基づき平成13年1月には,内閣府に男女共同参画会議が設置された。

同会議には「基本問題専門調査会」「女性に対する暴力に関する専門調査会」「苦情処理・監視専門調査会」「影響調査専門調査会」「仕事と子育ての両立支援策に関する専門調査会(平成13年1月26日~平成13年6月19日)」といった調査会が設置され,年に10回程度の調査検討が行われている。

これまで取り上げられてきた女性の権利に関する問題に加え,男女が互いに参画するという意識が発展的な内容として注目できるが,実際の施策としては実現段階にあるものは少なく,男女共同参画社会への意識化や男女共同参画社会の実現には,なおいくらかの時間が必要であると考えられる。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ