教育用語解説

指導要録しどうようろく

指導要録は児童生徒の学籍並びに指導の過程及び結果の要約を記録し,指導及び外部に対する証明等に役立たせるための原簿である。

学習指導要領が学習指導の指針であるように,指導要録は評価活動の指針とされてきた。

最近では,平成14年の学習指導要領の実施に伴い,指導要録も新しくなった。新しい指導要録の取り扱いと記入のポイントは,従来の観点別学習状況の評価を基本としながら,

(1)評定を「目標に準拠した評価」(いわゆる絶対評価)に改めたこと,

(2)「総合的な学習の時間」の欄を新設し,各学校で評価の観点を定めて,評価を文章で記述すること,

(3)所見欄等を統合し,「総合所見及び指導上参考となる諸事項」を新設したこと

などである。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ