教育用語解説

ESD(持続可能な開発のための教育)いー・えす・でぃー

ESDとは,持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)の頭文字を取ったもので,地球上の資源の有限性を認識し,自らの考えを持って,新しい社会秩序を形成していく,地球的な視野を持つ市民の育成を目指した教育のこと。
ただし,日本ユネスコ国内委員会では国内への普及促進を目指して,より簡単に,「持続発展教育」という名前を使っている。

現代は地球規模の環境破壊,エネルギーや水などの資源保全等の問題があり,これらを解決しつつ,次世代も含む全ての人々により質の高い生活をもたらすことができる状態での開発を目指すことが重要な課題となっている。

「持続可能な開発」を進めていくために,あらゆる領域で,あらゆる教育の場で,さまざまな組織(国際機関,各国政府,NGO,企業等)と連携を図りながら,教育・啓発活動を推進する必要がある。この教育・啓発活動の範囲は,環境,福祉,平和,開発,ジェンダー,子どもの人権教育,国際理解教育,貧困撲滅,識字,エイズ,紛争防止教育等多岐にわたっている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ