教育用語解説

個に応じた指導こにおうじたしどう

個に応じた指導とは,すべての児童生徒に「確かな学力」を身に付けさせるため,一人一人に応じたきめ細かな指導を実施することである。

学習指導要領では,小・中学校とも総則において,個に応じた指導の充実について記述している。小学校では個別指導やグループ別指導,繰り返し指導,教師の協力的な指導など,中学校では個別指導やグループ別指導,学習内容の習熟の程度に応じた指導,教師の協力的な指導など指導方法や指導体制を工夫改善し,個に応じた指導の充実を図ることとしている。

なお,平成15年10月の中央教育審議会答申では,学習指導要領の記述を見直し,小学校における「学習内容の習熟の程度に応じた指導」及び小・中学校の「補充的な学習」「発展的な学習」を個に応じた指導の例示として追加することにより,児童生徒の実態や指導の場面に応じて効果的な指導方法を柔軟かつ多様に導入することを提言している。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ