教育用語解説

教員免許更新制度きょういんめんきょこうしんせいど

2007年(平成19年)6月の改正教育職員免許法の成立によって,2009年(平成21年)4月1日から導入されることになった制度で,この教員免許更新制(以後,「更新制」という)基本的なポイントは次の4つです。

(1)更新制の目的は,教員として必要な最新の知識技能を身につけること。

(2)2009年(平成21年)4月1日以降に取得した教員免許状に10年間の有効期間が設けられること。

(3)免許の更新にあたっては,2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要なこと。

(4)2009年(平成21年)3月31日以前に免許状を取得した者にも更新制の基本的な枠組みが適用されること。

この教員免許更新制の目的は,その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう,定期的に最新の知識技能を身に付けることで,教員が自信と誇りを持って教壇に立ち,社会の尊敬と信頼を得ることを目指すもので,不適格教員を排除することを目的としたものではありません。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ