教育用語解説

e-教員プロジェクトいー・きょういんぷろじぇくと

今日の情報化社会の中で,教員も様々な情報のスキルが求められるようになっている。それにともない,平成17年度までに概ね全ての公立学校教員がコンピュータを用いて指導できるよう,国や都道府県では体系的な研修が行われている。さらに,平成15年度からは,e-ラーニング方式の自学研修システムの開発や教科を同じくする教員の教育情報の共有化を促進するためのモデル事業として,「e-教員プロジェクト」が実施されることとなった。

プロジェクトの具体的な内容としては

(1)e-ラーニングを活用したIT指導力養成,
(2)教育情報共有化促進モデル事業,

が計画されている。(1)では研修プログラムの開発・提供が進められており,e-ラーニングを活用したネットワーク提供型のカリキュラムを開発する。また,(2)では教科を同じくする地域の教員が集まる教育研究団体等を活用し,研修,情報交換,情報共有を一体的に行うことができるよう,教育情報の作成・共有化等の研究を行うモデル事業を実施する。

この事業の実施によって,教員研修の強化・充実がはかられることが期待されている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ