教育用語解説

キャリア教育きゃりあきょういく

子どもたちが「生きる力」を身に付け,主体的に自己の進路を選択・決定できる能力や勤労観,職業観を身に付け,社会人・職業人として自立できるようにする教育のこと。

キャリア教育の重要性が大きく取り上げられているのは,今日の少子高齢化社会,産業・経済の構造的変化,雇用形態の多様化・流動化などを背景とし,就職・進学を問わず,進路を巡る環境が大きく変化していて,フリーターやいわゆる「ニート」が大きな社会問題となっていることがあげられる。

キャリア教育の一層の推進・充実を目指し,文部科学省は,「キャリア教育推進の手引」(平成18年)を作成した。この手引きは,各学校,家庭・保護者,地域等が一体となって,キャリア教育を進めていけるよう,キャリア教育の意義や進め方などをわかりやすく記したものである。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ