教育用語解説

学力向上アクションプランがくりょくこうじょうあくしょんぷらん

「確かな学力」向上のために,文部科学省は平成15年度から「学力向上アクションプラン」を実施している。その内容は,

(1)個に応じた指導の充実,

(2)個性・能力の伸長,

(3)学力の質の向上,

(4)英語力・国語力の増進

の4つからなり,それぞれに具体的な活動が展開されている。

(1)個に応じた指導の充実では,従来の学力向上フロンティア事業を拡充し,モデル地域を指定して取組の成果を全国に普及するとともに,放課後学習チューターの配置等に係る調査研究,学習指導カウンセラー派遣事業,新しい評価の普及・定着などが盛り込まれている。

(2)個性・能力の伸長では,スーパーサイエンスハイスクールやスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールの拡充を行い,指定校におけるカリキュラム開発や大学との連携を深めている。

(3)学力の質の向上では,「総合的な学習の時間」推進事業,学習意欲向上のための総合的戦略,理科大好きスクールなどが計画されている。

(4)英語力・国語力の増進では,「英語が使える日本人」の育成のための戦略構想として,英語教員の資質向上のための研修や,高校生の留学促進などを行っている。また,国語力向上推進事業として,国語力向上のモデル地域の指定も挙げられている。

一覧へ戻る

キーワードで探す

※複数ワードで検索するときは単語間をスペースで区切ってご入力ください。

五十音で探す

ページトップへ