先輩社員インタビュー 1

先輩社員インタビュー ICTソリューショングループ 企画チーム

-現在の仕事を具体的に教えてください。

小学校の授業で使用する紙教材や教具,近年ではICT関連の商品など,光文書院は幅広い商品を発行しています。
これらの商品の特長や良さを知っていただき,採用していただけるよう,販売代理店や小学校の先生に説明・提案を行うのがICTソリューショングループの仕事です。ICT関連の商品は,先生方にスムーズにお使いいただけるよう,ご紹介に加えて,学校現場での導入・運用のサポートもおこなっています。
また,現在私はICT関連の商品やサービス,販売促進に関する企画の仕事もおこなっています。
どのような商品・サービスがあれば小学校の先生方の仕事や子どもの学びを支えることができるのか?そういった商品・サービスを知ってもらい,より広く使ってもらうためにはどうすればいいのか?
これまでのやり方や考え方にとらわれず,より良いものを考え,新たに形にしていく仕事は,難しくもありますが,日々たくさんの学びがあります。

-今の仕事でどんな時にやりがいや面白さを感じますか?

販売代理店や小学校の先生を始めとした,自分が仕事上で関わっている方々の困りごとを解決し,感謝や喜びの声をいただいた時です。
例えば,光文書院には先生に使っていただく「ひまわり先生」というソフトがあります。
ひまわり先生は,先生方のお仕事をいろいろな場面で幅広くサポートする,使いやすく,多機能なソフトです。
ひまわり先生の良さを先生にご紹介し,先生や学校にあった機能や運用方法をご提案し,安心感・納得感をもって使っていただく。自分の提案により,ひまわり先生を使っていただけることも嬉しいのですが,「導入してよかった」「仕事の時間が短縮できて助かった」などのお声をいただくと,とてもやりがいを感じます。
自分が関わった仕事が,誰かの助けになり,喜ばれること。これが,私にとっての仕事のやりがいです。

-光文書院を志望した経緯・理由を教えてください。

大学時代に発達心理学を学ぶ過程で,教育が子どもの人生に与える影響の大きさを感じ,教育というものに興味を持ちました。
そのため,就職活動では教育業界も志望していました。塾を始めとした私教育の業界も考えましたが,私教育は家庭の収入に余裕がないと受けられないこと,学力向上・偏差値向上に重きを置いた学習であることに疑問を持つようになりました。
そんな折,光文書院という会社の存在を知りました。まず,全国の小学校という公教育を対象としている企業があることに驚きました。さらに「学ぶことが好きになる。」というコーポレート・メッセージが,自分自身の「学び観」と合っていて,共感できるものでした。
仕事を通じて,すべての子どもに対して平等により良い学びを提供することに関わりたいと思い,光文書院を志望しました。

-光文書院の雰囲気をひと言であらわすと?

チャレンジする会社。

-あなたの夢を教えてください。

一生バレーボールを続けていきたいというのが私の夢です。
中学・高校・大学とバレーボール部に所属し,部活動に勤しむ日々でした。当時,母に「何しに高校に行ってるの?」と聞かれ,真顔で「バレーボールをしに」と答えて呆れられたほど。いまでこそ頻度は下がりましたが,まだまだ趣味で続けています。
これまでバレーボールを通じて得た経験とともに成長してきて,人との関わり方や自分の考え方・価値観まで影響を受けていると思います。バレーボールでの経験が,仕事をする上でも,生きていく上でも,意味を持つものになっていると思います。
これからも自分を成長させてくれるものの一つとして,歳をとってもずっとバレーボールを続けていけたらいいなと思っています。

-就職活動中の方へメッセージをお願いします。

就職活動時,「就職活動は企業と学生の出会いであり,最後は相性で決まる」という言葉が印象に残っていて,最後までそれを自分の軸として活動していました。
企業にはそれぞれの社風や雰囲気があり,個性があります。そしてもちろん,学生さん一人ひとりにもそれぞれの貴重な個性があります。その個性が合致した時に,その会社で一緒に働くことになるのだと思います。
私自身,就職活動中はうまくいかない時期もあり,どこにも入社できないのではないかと不安になったこともありました。
それでも,「私と合う会社がどこかにあるはず」と信じて活動を続け,最終的には光文書院に入社することになりました。
内定の際に,「この会社でいろいろなことをやってみてほしい」という言葉をいただき,入社を決めたことを今でも覚えています。
就職活動を通じて,様々な経験をし,様々な出会いがあると思いますが,そういったこれまでにない経験や出会いをむしろ楽しんで,自分に合う会社を見つけてほしいと思います。

  • 他のインタビューを読む
  • ICTソリューショングループ
  • 編集グループ
  • システム環境デザインチーム
  • 編集グループ

ページトップへ