社会テスト編集チーム

仕事を知る 編集業務統括 社会テスト編集チーム

-学生時代に夢中になっていたことは何ですか?

ボランティアサークルで,外国籍の子どもたちへ学習支援を行っていました。放課後や休日を使って一緒に宿題をしたり,プリントやゲームを使って勉強に興味が持てるように働きかけたり。
一緒に時間を過ごすうちに,勉強が苦手なのはそれぞれ理由があることに気付きました。例えば,ある子はアメリカから越して間もなく,つたない日本語をからかわれて勉強が嫌になってしまった,という理由がありました。
勉強が苦手なのにはそれぞれ理由がある。それぞれのバックグラウンド,環境を持つ人たちのサポートが出来たらいいな,というのが当時の私の想いでした。

-これまで一番の学びになった仕事は何ですか?

社会科の資料集の改訂を行ったときの経験です。
資料集を改訂するには,内容の検討から始まり,進捗の管理,社外業者さんとのやり取りなどが必要です。私にとっては全く新しいことばかり。資料集の内容は教科の内容に関係する為,細かい確認が必要なのです。
やることに追われ,このままでは終わらない……といつも焦っていましたが,最後には完成させることが出来ました。
やれば出来る!と確信できたこと,ゴールから逆算して行動することの大切さを学びました。

-1日の仕事の流れを教えてください。

<AM>
メールチェック
組版所との打ち合わせ
編集作業

<PM>
編集会議
イラストレーター打ち合わせ
編集作業

-光文書院 ここが他の会社に負けません!

日々変わり続け,新しいことにチャレンジする姿勢。
他社にない新しい教材,新しいサービスを創ろう,とチャレンジする姿勢。
子どもたちが学びやすい教材を創りたい!先生たちの役に立てるように!と社員全員が思っています。
だからこそ,質の高い教材,価値を生み出すことが出来るのだと信じています。

-光文書院 この人のここがすごいんです!

チームリーダーであるSさん。
お子さんのいるお母さんとして時間に制限がある中でも積極的に仕事に取り組み,いろいろな新しいことも勉強し,世の中の動きや情報にも敏感です。
そして,そんなに忙しいのにいつも笑顔!本当に尊敬しています。

  • 他のインタビューを読む
  • 企画チーム
  • 企画チーム
  • ICTソリューションチーム
  • 社会テスト編集チーム
  • 算数テスト編集チーム

ページトップへ