企画チーム

仕事を知る 企画統括 企画チーム

-学生時代に夢中になっていたことは何ですか?

個別指導塾でのアルバイトが大好きで,小学生から高校生を対象に,毎日のように授業を行っていました。
その中で,ある高校生を教えていた時,生物のテストの結果が40点から倍の80点になったことがあります。変化したのは点数だけではありませんでした。生物が分かるようになり,自信を持てたその子の勉強に取り組む姿勢が変わったのです。その子の姿を見ていて,心から嬉しかったのを覚えています。

学びたい気持ちは心から湧き上がるもの。学ぶことを好きになることが大事。そんなことを教えてもらった気がしますし,それが私の価値観の土台にもなっています。

また,当時,生徒たちを理解しようととことん努力した経験は,仕事上,子どもたちや先生に何が必要か?考えるのに非常に役に立っているとも思います。

-これまで一番の学びになった仕事は何ですか?

2018年夏に企画チームに異動になり,現在,広告・宣伝のプロジェクトを担当しています。
”伝えたいメッセージをどうしたら的確に伝えられるか?”日々チャレンジです。

 例えば,最近,図書教材の宣伝物を作成した時。内容や魅力を自分なりに表現したつもりだったものの,何度も何度もダメ出しをされました。”メッセージは受取り手に伝わっているか?” 先輩からの一言でハッとしました。 伝えたい気持ちだけではなく,”伝わること”がゴールである,と改めて認識した瞬間でした。

 伝わるメッセージを届けられるよう,日々挑戦中です。

-1日の仕事の流れを教えてください。

<AM>
 メールチェック
情報収集,企画提案資料の作成

<PM>
企画会議
プロジェクト,チーム定例MTG
隙間時間にメールをチェック,Twitterの確認

-光文書院 ここが他の会社に負けません!

変化に柔軟に,変わり続ける,チャレンジする姿勢です。一般的に学校教育業界の変化は緩やかだと言われていますが,それでも今は大きな転換期。教育現場へのICT導入が進んできていますし,2020年には教育改革が行われます。

その中で,先駆けてデジタル教材を開発したり,今までのやり方にとらわれない教育サービスを展開したり,変化に柔軟に,変わり続ける姿勢が光文書院にはあります。

-光文書院 この人のここがすごいんです!

最近関わったプロジェクトでお世話になったKさん。

リーダーとして,ゴールを明確にする力。 課題を発見した時に洗い出し,整理し,解決するまでの半端ない実行力。
前向きな声かけでメンバーの気持ちを高め,自分自身も楽しんで仕事に取り組んでいる姿。 いつかあんなリーダーになれたらいいな!と思っています。

  • 他のインタビューを読む
  • 企画チーム
  • 企画チーム
  • ICTソリューションチーム
  • 社会テスト編集チーム
  • 算数テスト編集チーム

ページトップへ