実践アイデア 明日から使える実践的なアイデアが満載

国語

一覧に戻る

ぐんぐん暗唱~たくさん詩を覚えて言語感覚を磨こう~

  • 国語
  • 1年生
  • 2年生
  • 3年生

東京都小学校教諭

めあて
数多くの詩を音読して暗唱し,言語感覚を磨く
用意するもの
音読集(光文書院)
実践する場面
国語の始まりの時間3分間程度

音読集「ひばり」の詩(「あいうえお」P8)を使って

<授業開始後3分間>

担任
「あいうえお,あらいたけこ」
児童全
「あいうえお,あらいたけこ」
担任
「おなかに……」
児童全
「おなかに……」

このように,担任の後に続けて児童が声を出す。この学習を2回くりかえす。

  • 慣れてきたら,担任が題と作者を言った後,児童に一斉読みをさせる。
  • 掛け合いの詩は,役割読みをさせるなど工夫すると楽しい。
  • 読ませる詩は児童の様子を見て,次々に変える。

↓

くりかえし行うことで,暗唱できる

↑

<家庭でも>

授業で学習した詩と同じ詩を音読練習する。

音読がんばりカード」(音読集に掲載されている詩の題名の一覧表)に,暗唱できたら,暗唱合格サインを付けてあげると,意欲的に取り組みます。

関連商品

実践アイデア募集中

光文書院のホームページでは,授業や学級経営などに活用できる実践的なアイデアを随時募集しています。ご提供いただける実践アイデアをお持ちの先生は,投稿フォームよりご投稿ください。

投稿する

  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会
  • その他の教科・領域
  • 学級経営・学校行>事