デジタル教材実証実験

 

2016/12/28

お知らせ

第五回授業見学(デジ漢・デジ計・デジしゃか) <半田市立岩滑小学校>


2016年12月16日(金)
愛知県半田市立岩滑小学校5年1組(丹波 信夫 先生)の5時間目「社会」,6時間目「国語」「算数」の授業を見学しましたのでご報告します。

社会

<授業の流れ>---------------------------------------------------------------------------
●日本の輸入の特色

1.「デジしゃか」で日本の輸入相手国と,輸入額を学習する。(デジしゃか,電子黒板,地図帳)
2.おもな原料や資源の輸入先を学習する。(教科書)
3.班になって,昔と今の輸入品の内訳について気づきを共有する。(教科書)
※( )内は使用したコンテンツや機材
---------------------------------------------------------------------------------------

「デジしゃか」で,日本のおもな輸入相手国の世界地図を見て国名を答えていきます。「デジしゃか」のマスク機能で,国名を隠し1つずつ国を確認しながら楽しんで学習を進めることができました。
また,地図を電子黒板に映してみんなで見ることで,児童それぞれが手元で見るときよりも集中して学習ができました。


▼どこの国から輸入をしているのだろう。



 ▼「デジしゃか」のタイマーを使って時間内で班学習!



6時間目は45分の中で,15分間「デジ漢」,30分間「デジ計」を使って学習をしました。

国語

<授業の流れ>---------------------------------------------------------------------------
●新出漢字の学習

 ・「デジ漢」の「デジてん」で新出漢字を学習する。(デジ漢,タブレットPC)
※( )内は使用したコンテンツや機材
---------------------------------------------------------------------------------------

「デジ漢」を使って先行して漢字の学習を進めていたため,この日は3学期の漢字の学習に取り組みました。
「3学期の(ドリルページ)4ページから7ページの漢字を選んで始めましょう。」と先生が指示するだけで,児童は慣れた手つきでタブレットPCを開いて学習を始めました。
先生は電子黒板に10分に設定したストップウォッチを出して,机間巡視と「ラスト1分」などと声掛けを行っていました。

書き順アニメーションの動きに合わせて,手を動かしながら学習している児童や,なぞり書きを間違うと,もう一度なぞって確認している児童がいました。タブレットPCを使いはじめて約半年が過ぎ,同じデジ漢でもそれぞれの学習しやすいスタイルを見つけて学習をしている姿が印象的でした。


▼「デジ漢」に合わせて指を動かして,漢字を確認!



算数

<授業の流れ>---------------------------------------------------------------------------
●分数のかけ算の復習

・「デジ計」の「算数ゲーム」の問題を,ノートに書き写して答える。(デジ計,タブレットPC,ノート)
※( )内は使用したコンテンツや機材
---------------------------------------------------------------------------------------
ゲーム感覚でできるコンテンツですが,計算をした履歴が記録できるよう,今回はノートへ書き写しました。

▼3択なので,ゲーム感覚で楽しく学習できました!


先生のお話

「デジ漢」も「デジ計」も宿題に出さなくても自主学習として取り組む児童が,半数以上いるそうです。冬休みもタブレットPCの持ち帰りを行うそうなので,どれくらいの児童が取り組んでくれるか楽しみです。


権現山のきつね



 岩滑小学校の近くには,新美南吉の童話「ごんぎつね」に登場するきつねの「ごん」がいたとされる権現山があります。
頂上にはお堂があり,そこから街並みが一望できました。お堂までの参道にはきつねの像もあり,今にもごんが出てきそうな雰囲気がありました。

▼権現山のきつね





ゲーム感覚でできるコンテンツですが,計算をした履歴が記録できるよう,今回はノートへ書き写しました。

▼3択なので,ゲーム感覚で楽しく学習できました!


漢字を覚える,書くことが困難な児童もいますが,ドリルやノートに漢字を書くことは難しくても,「デジ漢」だと取り組むことができるそうです。
漢字テストの点数にはまだ結びついていないのですが,学習が好きになるきっかけになっていると感じました。

「デジ漢」も「デジ計」も宿題に出さなくても
ゲーム感覚でできるコンテンツですが,計算をした履歴が記録できるよう,今回はノートへ書き写しました。

▼3択なので,ゲーム感覚で楽しく学習できました!


漢字を覚える,書くことが困難な児童もいますが,ドリルやノートに漢字を書くことは難しくても,「デジ漢」だと取り組むことができるそうです。
漢字テストの点数にはまだ結びついていないのですが,学習が好きになるきっかけになっていると感じました。

「デジ漢」も「デジ計」も宿題に出さなくても
 

アーカイブ

<2017年3月>
1234
56791011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ページトップへ