デジタル調べ学習

2017年度版の以下のデジタル教材を期間限定で試用することができます。
[2017年9月30日まで]デジタル九九のカード
 ※詳しくは「2017年度版デジタル教材 期間限定無料公開中」をご確認ください。

アクティブ・ラーニングで使える「デジしら」は,「情報リテラシー」,「情報モラル」,「調べ学習ツール」の3つのコンテンツでできているデジタル教材です。
調べ学習を通して育てたい能力「情報リテラシー」,「情報モラル」,「情報活用能力」を児童がPCやタブレットをひとりで操作しながら身に付けることができます。
誰でも無料でご利用頂けますので,学校での調べ学習や自由研究などでご活用ください。
PCでもタブレットでも使用することができます。

監修者からのことば

稲垣 忠

稲垣 忠  東北学院大学 教養学部 人間科学科 教授

子どもたちがこれからの情報社会で学び続けるには,基礎的な情報リテラシーや情報モラルを身に付けることはもちろんですが,子どもたちが自分の考えをしっかりもって探究型の学びもできるようになることが必要です。「デジしら」は,このような学びを支援する新しいツールとして開発いたしました。
これからの子ども達に必要な情報活用能力の育成にぜひ「デジしら」をご活用ください。

・文部科学省 2020年度に向けた教育の情報化に関する懇談会 座長代理
・文部科学省 情報活用能力調査に関する協力者会議 委員
・日本教育工学協会(JAET)副会長

「デジしら」調べ学習ツール,情報リテラシー,情報モラル対応表

「デジしら」に搭載されている情報リテラシー,情報モラルのコンテンツが,調べ学習ツールのどのステップに対応しているかを表わした対応表です。
各ステップに対応した情報リテラシー,情報モラルのコンテンツを使用することで,調べ学習を通して効果的に情報リテラシー,情報モラルを学ぶことができ,小学校段階で必要な情報活用能力を身に付けることができます。 ローマ字タイピングマスター

「デジしら」デモ動画

「デジしら」のデモ動画を公開しています。どうぞご覧ください。

 

(1)調べ学習ツール

「調べ学習ツール」は,5つのステップでテーマの設定や調べる方法などを児童自身が体験することで,探求型の学習をスムーズに進められるスキルが身に付きます。

① きめる

きめる

児童自らが「なぜ?」「どうして?」という疑問からテーマが設定できるように, イメージマップを使用して「気になること」から疑問を膨らませたり,膨らませた疑問から テーマを選びやすくしています。
児童にとって意味や価値のあるテーマを設定することができるので,探求型の学習を 主体的に進められるようになります。

② あつめる

あつめる

設定した「テーマ」や「調べること」が常に上部に提示されます。それにより「テーマ」や 「調べること」を見失わずに情報をあつめることができます。
また,調べ方によって必要な入力項目を表示しているので,情報の出所をしっかりと記入しておくことができ,情報モラルも身に付きます。
入力した情報は「④つたえる」で出典一覧として自動で出力ができ,レポートの作成・配布の 際に利用することができます。

③ まとめる

まとめる

調べ学習ツールの「③まとめる」では,「②あつめる」であつめた複数の情報を同じ画面で比較しながら,整理・分析して自分の考えをまとめることができます。
まとめで使った情報は,「まとめのもと」として簡単に登録ができるので,どの情報が 自分の課題を解決するのに必要な情報だったのかを知ることができます。
また,「まとめのもと」として登録した情報は,「④つたえる」で,「まとめのもと」 だけ出力することができます。

④ つたえる

つたえる

調べ学習ツールの「④つたえる」では,調べてわかったことをつたえる準備が簡単に できます。
「つたえる作戦シート」で,つたえる時の場面と気を付けることを記入することで,つたえる相手を意識したわかりやすい発表をすることができます。
「出力」では,表紙や目次を作ったり,あつめた情報を出力したりすることができるので, 冊子にして配布したり,出力したデータを電子黒板に映して発表したりすることが簡単に できます。

⑤ ふりかえる

ふりかえる

調べ学習ツールの「⑤ふりかえる」では,発表や自分の学びのふりかえりを記入することで 今後の調べ学習に活かすことができます。
また,「デジしら」では入力したデータは学習履歴として保存をしています。ふりかえりを して新しくでてきた疑問は「②あつめる」の「調べること」を追加して履歴を残し,さらに調べていくこともできます。

その他

・どの端末でも個人のデータを閲覧したり,編集したりすることができるので,学校に数台,グループで一台でもご利用頂けます。
※ひまわりポケット(「デジしら」がインストールしてある)の学習履歴設定で「この端末とサーバ等に同期して保存」に設定が必要です。
※同時接続(同時に同じ年,組,番号でログイン)は,できません。
・「調べ学習ツール」では,必須項目の部分にダミーでご入力頂ければ,必要なステップだけを使用することもできます。
・印刷して利用できるワークシートもWebサイトに掲載しておりますので合わせてご利用ください。

情報リテラシー:(2)ローマ字タイピングマスター

タッチパネルにも対応!パソコンのローマ字入力が練習できるコンテンツです。

ローマ字タイピングマスター

・はじめに手の表示が出るので,指の使い方を確認してから練習できる!
・ひらがな文字や言葉の入力練習,都道府県入力ゲームなど,児童のタイピングスキルに合わせた学習ができる!
・入力の「スピード」と「正確さ」に応じて自動でフィードバック!

情報リテラシー:(3)写真の上手な撮り方

写真を上手に撮るためのポイントを,児童向けの読み物とクイズでわかりやすく解説します。
小学校の学習内容に合わせているので,児童がひとりで取り組めます。

写真の上手な撮り方

・写真を撮るときに気をつけるポイントをキャラクターと楽しく学べる!
・児童向けのわかりやすい表現と内容で,ポイントが確認できる!
・クイズで,理解度のチェックができる!

情報モラル:(4)著作権,(5)肖像権

著作権,肖像権の内容を児童向けの漫画とクイズでわかりやすく解説します。
児童がひとりで取り組めます。

著作権

・調べ学習をするときの場面設定で,キャラクターといっしょに情報モラルが学べる!
・児童向けのわかりやすい表現と内容で,ポイントが確認できる!
・クイズで,理解度のチェックができる!

ご利用方法

本デジタル教材のご利用には,ひまわりポケットのインストールが必要です(ディスクからインストールしないで起動する場合を除く)。以下をご確認の上,インストールしてください。(インターネット接続が必要です。あらかじめご確認ください。)

(1)ひまわりポケットをインストールします。以下のインストール方法をご確認ください。

(2)ひまわりポケットを起動し,初期設定を行います。[学校で使う]もしくは[家庭で使う]を選択し,案内に従って進めます。

*[学校で使う]際には,教材と一緒にお届けしているデジタル教材のディスクおよび台紙・説明書に記載の学校コード(アルファベット4文字)が
 必要です。デジタル説明書(ナップザック・エプロンの作り方)やデジ夏などデジタル教材によっては,学校コードが付属していないものもあります。
 その場合は,[家庭で使う]を選択してください。

(3)ひまわりポケットのトップ画面で本デジタル教材を選択すると,本デジタル教材の紹介画面が表示されます。
   Windows版をご利用の方は,[インストールする]を,iPad版をご利用の方は,[教材対応版をインストールする]を選択します。

*Windows版をご利用の方で,ひまわりポケットの再起動を促すメッセージが表示される場合があります。
 メッセージの通りに再起動後,再度[インストールする]を選択してください。

(4)認証コードの入力画面が表示されます。本デジタル教材の認証コード(数字4桁)を入力し,[確認]を選択します。

*デジしらは,認証コードの入力が不要です。

(5)デジタル教材のダウンロード・インストールが開始されます。
   完了後,同画面で[コンテンツを開く]を選択するか,トップ画面に戻り,該当のデジタル教材を選択すると起動します。

*(4)の後,デジタル教材によっては教科書・教材の設定画面もしくは,内容・機能のカスタマイズ画面が表示されます。
 【教科書・教材の設定画面】   ご利用の教科書,弊社発行の図書教材/教材・教具に合わせて,選択します。
 【内容・機能のカスタマイズ画面】ご利用になる内容に合わせて,選択します。
*iPad版をご利用の方でデジタル教材を再インストールした場合は,iPadのホームボタンをすばやく2回押し,
 ひまわりポケットのプレビューを上にスワイプして一度終了したあとにデジタル教材を起動してください。

ページトップへ