プレ漢字プリント

「プレ漢字プリント」とは   東京学芸大学教授 小池敏英

1年生のときには漢字の学習に積極的に取り組んでいた児童の中に,2年生になって,漢字の学習が苦手になる児童が出てきます。

ドリルをすぐに放り出してしまう子,教科書などの音読が苦手な子,漢字の小テストが半分もできない子,ノートの文字がぐちゃぐちゃな子…。その原因には,学習障害(LD)だけではなく,読み書きの発達の偏り,注意力が育っていないことなど,さまざまなことが考えられます。

しかし,どんな児童であっても,適切な支援によって,学習を進めることは可能です。

もし,「くりかえし漢字ドリル」にどうしても取り組めないのであれば,無理やりドリルで反復練習させるのではなく,その児童に合った他の手立てを考えてみることが大切です。

その一つの手立てとなるように作ったのが「プレ漢字プリント」(2・3年生の漢字に対応)です。

学習性無力感におちいらないために

人にはそれぞれ,得意なことと不得意なことがあります。大人であれば,経験から,自分が身につけたいものをどのように学習するか,無意識に工夫することができます。英会話を身につけたければ,さまざまな方法から選択します。リスニング用教材を聞く人もいれば,書いて覚えようという人もいるでしょう。

でも,小学校の低学年では,自分が何が得意で,何が不得意なのか気づくことはできません。どんな学習をすれば身につくのかも分かりません。

発達に遅れのある児童の場合,いくら練習しても,その成果が出ないという結果になることがあります。成果の出ない努力(たとえば,漢字の反復練習)を無理やり強いた場合,「いくら努力しても対処できない」ということを「学習」してしまい,学習全般に対して無気力になるという結果が生じます。これを「学習性無力感」といいます。こうなってしまうと,将来にわたり,学習に対する苦手意識がついてまわることになりかねません。

「プレ漢字プリント」で配慮したこと

「プレ漢字プリント」は,次のようなことを配慮して作りました。
(詳しくは,「指導の手びき」をご覧ください)


  • <児童のもつ力への配慮>
    • 聞く力の強い児童のための「ことばでおぼえる」課題。
    • 読む力が弱い児童にも取り組みやすい課題配列。
    • 視覚的にイメージできるようにイラストを掲載。
    • 漢字の「部品」を意識できる課題。

  • <達成感が得られる紙面>
    • 短い時間で完成できる課題。
    • チャレンジしてみようと思える楽しい課題。
    • 手がかりのある課題。

ダウンロードはこちら (NPO法人スマイル・プラネットのページ)

「プレ漢字プリント」は(株)光文書院が支援しております,NPO法人スマイルプラネットで公開しております。
下記よりアクセスしてご利用ください。
http://www.smileplanet.net/specialty/prekanji/

ページトップへ